求人募集が出た時にメールでお知らせしてくれる便利な方法 → 詳しくはこちら


Top >  看護婦へなるための教育体制 >  看護婦へなるための教育体制

看護婦へなるための教育体制

看護婦になるために、

・高等学校(看護科、専攻科の5年間)

看護専門学校

・看護短大

・看護大学

で養成教育が行なわれ、卒業すると国家試験の受験資格が得られます


実際には卒業見込みであれば受験できますが、最終的に

その年度で卒業できなければ、試験で合格点以上を獲得しても

不合格になります


看護婦の国家試験に合格すると

厚生労働大臣から「看護婦免許」が交付され

看護婦としての活動が可能になります


看護婦は「准看護婦」に対して

正看護婦(略して正看)と呼ばれることもあります

         

看護婦へなるための教育体制

関連エントリー

看護婦へなるための教育体制