求人募集が出た時にメールでお知らせしてくれる便利な方法 → 詳しくはこちら


Top >  看護婦(かんごふ)とは? >  看護婦(かんごし、Nurse)とは?

看護婦(かんごし、Nurse)とは?

看護婦(かんごし、Nurse)とは専門学校大学等の

看護婦養成校における基礎看護教育を受け、

看護婦国家試験に合格し、看護婦免許をもって、

医療、保健福祉の現場で、主に看護を行う

医療従事者(コ・メディカル)のことです


一般には、なんらか健康問題を抱えた人々に対する日常生活上の

援助や教育的かかわり、医師・歯科医師が患者を診療する際の補助

疾病の予防や健康の維持増進のための援助など行います


日本において看護婦とは、「厚生労働大臣の免許を受けて、

傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を

行うことを業とする者」として


保健師助産師看護婦法(略称「保助看法」第5条)に定められています


また同法第31条により、一部の法律による例外を除いて

看護婦でない者が看護を行うことが禁止(業務独占)されており


同法第42条の2では

「正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。」

と看護婦への守秘義務が課せられています


養成校を卒業した看護婦は、実地のキャリアと継続的な卒後教育を経て

認定看護婦専門看護婦といった専門分野に関する認定を受けます


看護の提供を行う場合や、保健師、助産師など関連資格を取得する場合や

看護管理者や訪問看護婦、看護教員など職務内容や場を変更する場合と

いった様々な様相で看護に関わってゆくことが多いです

         

看護婦(かんごふ)とは?

関連エントリー

看護婦(かんごし、Nurse)とは?